やってみよう!Webライティング

ホームページの文章を書くWebライティングってどんなお仕事?

あるWebライターを事例として

ホームページなどに文章を書くといっても、いったいどんなホームページなのかなど、興味はあるけれど知らないこともありますよね。 ズバリ、種類は豊富です。 あなたの得意分野のテーマも、きっとWebライターを求めています。 難しく考える前に、まずはイメージをつかみましょう。

まずWebライティングとは何かを知ろう

あなたは、ホームページの文章を書くWebライティングってどんなお仕事なのだろうと疑問に思っているでしょうか。
インターネット上で閲覧できるこのサイトも、Webライティングによって書かれています。
そして、その記事を書いている筆者はWebライターということになります。
一口にWebライティングといっても実態は様々なのですが、ここでは一例として筆者のお仕事を紹介します。

筆者は家で乳児の育児をしており、その間は無収入を覚悟していました。
それでも働きたいという気持ちが高まり、子どもが生後2か月のときに内職を始めたのですが、乳児を抱えて納品に行くのがとても大変でした。
そんな時に見つけたお仕事がWebライティング!
筆者の場合は、完全に在宅ワークで出社はしません。
会社とのやり取りはパソコンのメールのみです。
会社からお題をいただき、そのお題にのっとって文章を自由に書いています。
依頼されたお題について詳しくない場合は、自分で調べて執筆しています。
お仕事の時間は、子どもがお昼寝している間や、本格的に眠る夜間です。
パソコン1つでお仕事ができるので、お仕事の場所は子どもの寝顔が見えるところです。
お仕事の途中で子どもが起きてしまったら中断して、また次に子どもが眠ると再開します。
報酬はそんなに高いわけではありませんが、子どもに負担をかけずに働けています。
育児や介護をしている人、副業を探している人などには好条件でしょうし、やり方次第ではWebライティングだけで生活することも可能です。

Webライティングのお仕事をしたいと思ったら

いざWebライティングのお仕事をしようと思ったら、どんなふうに働くのか、どうやってお仕事を探せば良いのかと思う人もいますよね。 実に多くの求人が出ているので、それも様々なのですが、ポイントとなることを押さえておいて、ご自分に合った働き方を模索するヒントにしてくださいね。

Webライティングをやっているメリット

お仕事というと、それだけで辛いというイメージがある人もいると思いますが、筆者はWebライティングをやってて良かった!と思えることが多いです。 とはいえ、人には向き不向きがありますよね。 それは、あなたの性格や特技、いま置かれている環境にも左右されます。