やってみよう!Webライティング

ホームページの文章を書くWebライティングってどんなお仕事?

あるWebライターを事例として

Webライティングって何?

昔であれば、何か調べ物をしようと思ったら本を読んだり、詳しい人に尋ねるなどという地道な方法しかなく、知識を得ようとすることはとても手間がかかりました。
それが現代では、多くの人がインターネットを活用し、検索をし、知りたいことを簡単に調べられるようになりました。
また、企業や学校など大きな組織から個人のものまで、多くのホームページが存在し、そこには当該組織や個人に関する様々な情報が書かれています。
ライティングとはもちろん何かを書くことですが、インターネットで閲覧されるホームページの文章を書くお仕事がWebライティングです。
そして、Webライティングをする人のことをWebライターといいます。
そう、このサイトの文章を書いている筆者も、Webライターです。

Webライターになりたいと思ったら

Webにライティングする人がWebライターですから、Webに文章を書くお仕事を始めればWebライターになれます。
このお仕事ですが、探してみると求人はかなり出ています。
ネットで検索するとたくさんの求人を見ることができると思いますが、求人内容を見てみると、実は種類が色々あることが分かります。
雇用形態、ノルマや労働時間など具体的な働き方、納期、給料や報酬、ホームページのジャンル、選考方法も含めて、種類はかなり豊富です。
せっかく働くのでしたら、楽しく自分に合った方法で始めたいですよね。
焦らずに、まずは細かい条件などもよく確認して、関心のあるところに問い合わせをしてみてください。
その時の対応が失礼な会社はあまり良い会社ではないかもしれませんから、分からないことは遠慮なく聞きましょう。


この記事をシェアする