やってみよう!Webライティング

ホームページの文章を書くWebライティングってどんなお仕事?

Webライティングのお仕事をしたいと思ったら

Webライティングのお仕事内容

先述したようにWebライティングのお仕事も種類があるので、具体的なやり方も様々だと思います。
ここではイメージをつかんでもらうために、筆者の場合を例に説明しますね。
まず、応募の後には記事の執筆テストがあります。
このテストで合格し、お仕事をいただくようになります。
お題をいただき、それについて調べ、自分の言葉で記事を書いていくことになります。
重要なのは、連絡すべきことは適宜連絡すること、納期を守ること、著作権侵害などコンプライアンスに注意することです。
でも、これらは大人の常識であって、特段Webライティングだから気をつけるということでもないですよね。
文章を書くのに慣れていなくても、ノルマがなかったり納期が長かったりすればゆっくり練習できます。
慣れればリサーチもライティングも速くなりますよ。

お仕事を始める前にチェックしたいこと

細かいルールは様々ですが、どの会社とお仕事をしようか迷っているときにチェックしておいた方が良いことがいくつかあります。
まずは、雇用形態です。
雇用主と労働者という関係になるのか、フリーランスになるのかということです。
これによって、適用される法律や給料・報酬の扱いが変わります。
Webライティングは在宅でできるものも多いですが、出社の必要があるかどうかも重要です。
ノルマがあるところもあれば、ないところもあります。
給料・報酬の考え方も、一つのホームページで字数はいくつなのか、クオリティはどの程度求められるのかによって変わりますよね。
これらの細かい条件がとても良ければ、例えば報酬が少なくても、あなたにとってはメリットが大きいのかもしれません。


この記事をシェアする